« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

出産 その後‐2‐

赤ちゃんのお世話をしてると、ふと「この子を産んだんだよなぁ」と思う。恐ろしいことに3週間しか経ってないのにすでに痛みを忘れつつある。

すごい痛かったっていうのは覚えているが、どんな風にとかどのくらいとかよく覚えてない。さらに言うなら、LDRに入って産まれるまでの記憶がかなり薄い。(ブログに残しておいてよかった…)

出産当日の夜に隣の部屋で陣痛に苦しむ妊婦さんの声がちと聞こえてきて、「うわぁ陣痛を思い出す〜」と思ってた時の感覚の方がよく覚えてたりする。でも偽物っぽい。

産んだあとは「絶対忘れないし!」と誓っていたのに、こんなにアッサリと記憶が薄れていくものなの?出産ってこわいわー。脳内ホルモン出まくりなんだろう。

ただ妊娠中つらかったのは全く記憶が薄れない。精神状態が違うのかしら。

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

出産 その後

出産から2週間とちょっと。

出産直後に減った体重は赤ちゃんと胎盤、羊水モロモロで‐4㎏。お腹は6ヶ月くらいの出具合だった。皮はシワシワ。もっと減るかと思ったのに退院時も変わらず。

退院前日に悪露がまだ残っているので子宮収縮剤を出され、それから数日後お腹が凹み始めた。

妊娠中にあまり大きくならなかった胸も出産直後からぐんぐんと成長した。乳が重い…。母乳はだんだんと出てきてるらしく授乳後にポタポタと垂れるようになった。自分からお乳が出てくるなんてねぇ。

母乳のおかげかあれから3㎏減って出産前から‐7㎏。ただ妊娠前までにはあと5㎏減らないとなわけで。

股関節の痛みもだいぶ治まりガタガタな感じもなくなってきた。骨盤ベルトのおかげかしら。悪露もかなり少なくなった。まだ妊娠前ほどではないけど、かなり身体はラクになったかなー。

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

入院記録‐3‐

夜中に破水してから5泊6日の入院生活。

部屋は個室。寝たまま開けられるオートロック付き。家族用ソファーベッド、冷蔵庫、DVDプレーヤー、トイレあり。毎日お部屋での豪華な3食とオヤツ付き。基本は母子同室だけどいつでも預かってくれる。ミルクとオムツは使い放題。乳が張ったらマッサージ。座って使えるシャワールーム。

ここで出産したらいくらなのさ?と思っていたけど、結局しめて440500円。出産一時金で420000円出るからプラス20500円。土曜日の夜中に入院したので深夜診療が追加されてた。

入院1泊は10000円ほど。コレならもうちょっとお泊まりしたいくらい。だって3食託児所付きでしょ。下手なホテルより全然サービスいいよなぁ。

近いから選んだ病院だったけどアタリでした♪

| | コメント (0)

入院記録‐2‐

入院記録‐2‐
点滴のあと。

促進剤を入れた時に確保した血管付近がアザだらけ。どんだけ暴れたんだ?ワタシ。

入院中に血圧測るたびに結構痛かった。

なんか刺青みたいだな〜。

| | コメント (0)

入院記録‐1‐

入院記録‐1‐
入院記録‐1‐
入院記録‐1‐
入院中の食事。

めちゃくちゃ美味い!和洋中いろいろ出てきたけど全部ウマイ。3時のオヤツも最高。

退院前日の夜はお祝いディナーでヘタなレストラン以上のコース料理。ちなみにカメラを持って行ったのに食事に夢中になってしまって写真撮るのを忘れた。

シェフに聞いたら全部あの場所で作ってるとのこと。オヤツのケーキが美味しかったからどこのお店か教えてもらおうと思ったのに残念。

ぜひともレストランマタニティとかでお店持ってくれないかなー。

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

出産記録‐6‐

結局エコーでは3100gだったのが出てきたのは2970gの男の子。誤差±200gの範囲内。

寝てる顔がエコーで見てた顔と同じ。出てきてからも相変わらず顔の前に手を置いて寝てる。そのままなのね。

そして母子手帳に書かれてた分娩時間は5時間10分。びっくり〜。超安産だったらしい。10分間隔になってからの時間なので促進剤を打ったあと辺りからになるのかな。初産婦の平均は12時間だっていうから早かったわけだ。自分的にはラクだったわーとは思わないけど、促進剤を打たなかったらどうなってたんだ?まぁ神様が長く続いたツワリ期間の分、分娩時間を短くしてくれたんだろうなぁ。それにしても妊娠期間はキツかったわ。

で、出産後の変化というと、

妊娠してからずっと…
●気持ち悪い
 →スッキリ。3時間後から食欲復活。なんでも食べられる。
●基礎体温が高温
 →測ってないので不明。
●身体がダルい
 →筋肉痛のような疲労感はある。むしろ痛い。
●肌が乾燥気味
 →変化ナシ。
●朝鼻をかむと鼻血
 →出なくなった。
●髪の毛、爪の伸びが早い
 →まだ不明。抜け毛開始。
●暑くて暑くて汗だく
 →4、5日は変わらず。その後汗だくも暑がりも終了。

妊娠中にあった変化は出産後にはやっぱりなくなるらしい。ただ腹の皮はすぐには戻らずにふにゃふにゃしてる。妊娠線はできなかったけどタルミはスゴイ。

それからあまり変化のなかった乳が出産後に急にでかくなった。一時の巨乳を楽しもう。

| | コメント (0)

出産記録‐5‐

そんな間にお腹を押され、また何かが出てくる感覚が。「うわぁもう一人いる〜」と思ったら胎盤だった…。

そして縫合。あれだけ痛かったんだから縫うのなんか屁でもないだろうと思っていたが、これまた痛い。しかも途中で打たれた麻酔が激痛!麻酔が痛けりゃ意味ないんじゃないのか?

シャツにチノパン、黒いエプロンをした縫合中の先生が股の間から見えて、その光景がまるで日曜大工のようでなんだか笑えた。ワタシ修理されてる〜。

そのあと赤ちゃんはキレイにしてもらって横にきて、改めて見たらとっても可愛いかった。こんなに可愛い子を産んでしまったーと思ったりして。

助産師さんに「胎盤見せてくださーい」と言ったら胎盤・卵膜・ヘソの緒セットを持ってきてくれた。見た目はでっかいレバーとホルモンと鶏皮。これがゼロから自分の身体の中で作られたと思うとスゴイなぁと思った。まぁ赤ちゃん自体もそうなんだけど。

ヘソの緒は普通よりかなり長めの85cm。普通は50cmほどらしい。ちと長くし過ぎたみたい。

そのままLDRで休む。母親と旦那の両親が入ってきて赤ちゃんとご対面。みんなが喜んでくれてこの子は幸せだなぁと思った。

感想:「あ〜、産んだ〜、産めた〜」これにつきる。

| | コメント (0)

出産記録‐4‐

頭が出た。「ほら見て、頭が出てきてるよ、頑張って」と言われ旦那にも「頭だよ!」と励まされた。しかしイキミの間は意識ほぼナシの状態だったため、すごく意識が遠い。普通ならここで「赤ちゃんが出てくる。頑張る!」とか思うとこなんだろうが「みんなが見ればいいがね」と思ってた。自分は頭を上げて見る気力も体力もなかったので。

ある時点で「力抜いて、手を離して胸の上に置いてー」と言われた。誰かが握ってた手を離して胸の上に置いてくれた。でも力なんか抜けなかったなぁ。

身体の下の方で3人くらいの人達がワサワサと何かしてて、ボンヤリと見てたら「産まれましたよー!」と言われた。

悲しいことにこの時の光景は全く記憶にナシ。

左下辺りから「ンギャ〜」と聞こえる。「泣いたよ!」と旦那に言われてそっちの方を見たら助産師さんが赤ちゃんを持ってた。

後で聞いたらヘソの緒が首に2回転してたので出てきてすぐには泣かなかったらしい。そんなことも気づかず私はボンヤリしてたわけで。

少ししたら赤ちゃんをお腹の上に乗せてくれた。

小さくて、でも思ったよりサルじゃなくて、ドロドロもしてなくて、なんかキレイだった。そして産まれたばっかりなのに目を開けてこっちを見てた。

嬉しくて泣いた。本当ならここで「やっと会えたね」と感動するところなんだろうけど、それよりは「産めた〜、私にも産めた〜」と達成感でイッパイ。よく分からないけどとにかく嬉しかった。

| | コメント (0)

出産記録‐3‐

陣痛の間隔が短くなりはじめてから肛門を押されるような痛みが来はじめた。この頃から旦那に「押してー」と連呼。押してもらえばラクというわけではないけど押されないと身体が弾けそうな感覚。

このあたりから本格的に痛くなる。子宮口が7cm超えたころLDRへ移動することに。歩いてる途中うずくまりながら移動。助産師さんに「自分の足で歩いて分娩台に行けてるんですよ」と励まされたが「いや、運んでくれ」と思い気力は更に下がる。それは出産のポイントなんだろうか?

そして子宮口の確認が激痛。何故に痛いところに突っ込んでグリグリするんだ?それからNSTにはなんで陣痛の数値があるんだ?痛くなるのが数値化されて見える化されてるけど、妊婦に見せるのは酷だよ!

その後、子宮口が全開したころ旦那は助産師さんに「立ち会いますか?」と聞かれた。旦那的には「え?いまさら?立ち会わないって言って出てくの?」と思ったらしい。確かに既に立ち会ってるのに等しい状態だったからね。

このあたりからあんまり記憶がない。

足を踏ん張れー、お尻を突き出せー、手を引き寄せろー、目を開けろー、そんなことを言われたと思う。

この時の自分は「千と千尋の神隠しに出てくる地下で燃料を運ぶ黒い小さいヤツ」。頭からお尻までクシャとなってて30cmくらいの生き物になってしまったような気分だった。

途中で「もうイヤだ」とか唸って、何度も気が遠くなって、このまま丸ごと消えてくれ〜と祈る。

ただどこかの段階で「あぁもう出さない限りこれは終わらない」と悟り「意識も飛んでしまえ〜」と諦めて踏んばることにした。…気がする。だってもう戻れないじゃん。

| | コメント (0)

出産記録‐2‐

病院に着いてまずは内診。

やっぱり破水していて子宮口は約1cmほど開いてた。「陣痛はありますか?」と聞かれて初めて「そういや規則的に痛いかも」と気付く。

とりあえず病室に案内され陣痛の間隔を測ってくれと言われた。測ってみると約5分間隔。今までの腹痛よりちょっと強めの痛み。「あ〜こりゃ本陣痛ぽい」と思いながらベッドでゴロゴロ。たまに唸りつつ。

まだ先は長そうだから寝ておこうかと思った時には旦那はすでにソファで寝てた。

7時半ころに朝食が出て完食し、その時点で子宮口は3cmほど。「陣痛がついてきてるので出産につながりますね」と言われ「ホントに産むんだ〜」と再確認。

お腹イッパイになったのでなんとなく眠気に襲われる。ウトウトしながら陣痛の間隔は測ると10分ほど。伸びてる〜、遠ざかってる〜。軽くショックを受けて凹む。

このあと子宮口は5cmまで開くものの、助産師さんからご相談があった。

出産につながる陣痛はきてるが長引く可能性があること、破水してるので48時間以内の出産を目指したい、通常ならこのまま陣痛の波を待つが次の日が日曜で手薄になること、…で、促進剤打つ?打っても今日中とは言えないけど日曜の夜間は避けられるし。

まとめるとそんな感じ。

いろいろ頭の中を駆け巡ったが痛いのが長い=イヤだ!という思考回路が出来上がり、促進剤を使うことにした。

促進剤を使うと急に痛みがくる場合とか、使っても出産につながる陣痛がこない場合とかいろいろとあるようだけど、私の場合は上手いこと陣痛を促進してくれて、そこから陣痛の間隔も子宮口もGO!となった。

| | コメント (0)

出産記録‐1‐

12月5日の早朝3時半ころ、なんとなく目が覚めた。トイレに行きたいような感じ。でもそんなに膀胱が満タンではない気がして、もう一度寝ようかなとウツラウツラ。しかしオマタのあたりが妙に湿度が高いような感じ。とりあえずトイレに行ってから寝ようとトイレに行った。

ジョーっとしたあとペーパーで拭いたら一筋の鮮血が。アラまぁ本格的なオシルシ?一応見ておくかと思い部屋へメガネを取りに戻ってからトイレを確認した。

そしたらトイレの水が真っ白に濁っていて赤い血の筋が1本。お祝いの熨斗のような紅白で寿なその光景にしばし見入ってみたりして。

頭は完全に寝ぼけてのでそのまま部屋へ戻ろうとしたが、ふと尿もれしてるように感じそれが歩くたびに何回か。

もしかして破水じゃん?とやっと気付いてビビる。私って破水からのパターンなんすかー?

とりあえず動くとどんどん水が出てくるので旦那を呼んで起こす。2回小さめの声で呼んだだけで起きた。珍しい。

「破水したみたい〜」と言ったらエー!と驚き「どうする?」と。まずはデカナプキンと着替えを持ってきてもらって病院に電話。病院からは「入院になるので入院セットを持ってきてくださいね」と言われ身の回りの準備開始。

ひととおりは用意してあったので中身を確認。それから2人で「いよいよですなぁ」と話しながら歯磨きし、異様な雰囲気を察知したソラがわざわざ玄関前までお見送りしてくれて出発した。

この時点ではまだかなり冷静だったのでした。

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

ご報告


12月5日午後2時半過ぎに2970gの男の子が産まれてきてくれました。

あっという間の1日で今はまだ記憶が曖昧…。

そして「産めた!」という達成感でテンションが上がり気味。

落ち着いたらまた出産記録でも残そうかと思っております。

ツワリヒーコラのころからコメントやメールで励ましてもらったおかげで、どうにかこうにか妊娠生活を乗りきれました。

ありがとう〜m(__)m

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

産まれた。

まずはご報告まで〜。

ヽ(´∇`)ノ

| | コメント (3)

いざ出陣〜。

あー破水したっぽい。いよいよ出てくるようだ。

妊娠期間中は何気に旦那がいろいろと頑張ってくれたおかげで、ウダウダ言いながらもココまで来たわけで。ぐうたら妊婦の世話をする超優良妊婦夫でした。出てきたら超優良父でお願いします。

さてさて、さすがに出産はワタシが頑張らないとね。ほんじゃ、行きますかー。

| | コメント (2)

2009年12月 3日 (木)

40W2D

出てこない…。

昼間にせっせと歩いてるのに降りてきてる感じもしない。相変わらず気持ち悪いしゲップも出る。歩くのもツライ。ちょっと歩くだけでお腹は張るし足つりそうだし股関節はずれそうだし。

診察のグリグリ後にちょいと出血して人工オシルシが少し続いたものの特に変化ナシ。腹痛も15分間隔で3〜4時間続き、おぉ来るか!と思いきや寝ちゃったらそれっきり。

寝ないで起きてたらくるのか?でも痛いからウダウダと寝逃げしたくなるじゃないのさ。ブツブツ。

ちょっと前にオシルシなんか見せておいて予定日過ぎても出てこないところなんかは、やってるように見せといて実はやってないっていう旦那の行動パターンによく似ている。すでに遺伝してるのかね。

だとすると、本人がやる気にならないと言ってもダメということなので仕方ないのかも。が、しかーし!来週までやる気にならなかったら出すからね。結局ケツ叩かれてやるあたりも似るのかなぁ…。

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

妊婦検診40W0D

今日から11ヶ月!なんじゃそりゃ。

体重は3100g。変わらず。頭の位置もイマイチでちゃんと測定できなくなってるらしい。エコーでは「知らん顔で寝てるよ」と言われた。いつでも産んでいいよと言われたが、本人の顔をみる限り出る気はないとみた。

そして噂の内診でグリグリ。痛かった…。

次は1週間後で、来週何もなかったら考えましょうとのこと。それまでに出てこいや〜。

ちなみに今回から検診は実費。エコー、内診、NSTで8800円なり。ゲロ〜ン。頼むから産まれてくれ。

| | コメント (0)

40W0D

予定日なんですけど〜。また夜中の腹痛から朝を迎えたんですけど〜。あのオシルシはなんだったんだ?偽物か?

もうねー疲れちゃったよ、妊娠生活。身体は不自由だし、いつ出てくるか分からないから気軽に出かけられないし。何だかダラダラと過ごしてるだけだー。飽きた。

皆さんお待ちかねなのよ。実家から電話あったし。(でも電話くれても産まれるわけじゃないのよ…。)

あ〜きっとギリギリまで出てこないんじゃないか?もしくは取り出されるまで居すわるか。。。まぁいいわ、気が向いたら出てくれば。私の気力体力が残ってるうちによろしくm(__)m。

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »